肩が凝りやすい人必見!

肩凝りに悩んでいませんか?

スマホの見すぎなどから肩凝りを引き起こすこともあるので、

幅広い年代の方が悩んでいるとも言われています。

しかし、マッサージに行って凝りをほぐしたいと思っても

なかなか時間も確保できませんよね。

そんな毎日忙しいあなたに自宅で職場で、ちょっとした時間に自分でできる肩凝り対策をご紹介していきます!

ツボ押しで対策

肩凝りに効くと言われているツボは様々な場所にあります。

・合谷(ごうこく)

親指と人差し指の間の少し凹んだところです。

反対側の親指やツボ押しを使って、気持ちいいと感じる力で5秒くらい押します。

目の疲れや生理痛にも効くと言われています。

私は吐き気があるときにもここを押すのですが、結構効きます。

・後渓(こうけい)

感情線(掌を開いたとき一番上の長い線)を伝い、小指側の端がツボです。

骨の窪みに向かって押し上げるようにします。

目の疲れにも効果があると言われています。

・手三里(てさんり)

肘を曲げて、曲げたところから指三本を置きます。

肘の部分から人差し指、中指、薬指と順番に置いていくと、ちょうど薬指があたる位置がツボになります。

少し強めに揉むと良いです。痛気持ちいい強さで押しましょう。

胃腸の働きを整えたり、やる気が起きないときにも効果があります。

・天注(てんちゅう)

頭の後ろにあります。うなじの生え際の少し外側に凹んでいる部分があります。

そこを押しましょう。

両方の親指をツボにあてて、頭を持ち上げながらぎゅーっと押します。

気持ちいいと感じる強さで行いましょう。自律神経も整います。

・肩井(けんせい)

肩凝ったと思うときに自然と手がいきやすい場所です。

肩の筋肉がぽこっと上がった部分があります。

自分の動きを肩を掴んだときに感じると思います。

掴んだ時に中指があたる部分がツボです。

頭を若干傾けて行うと効果的です。痛気持ちいいと思う強さで押しましょう。

ストレッチで肩凝り対策

・肩をあげてストン

立位でも座った状態でもよいです。両肩を上にあげて、首をすぼめます。

その後、肩をストンと下に落とします。これを数回繰り返します。

・のびのび

両手を組んで上におもいっきり伸ばします。掌を天井に向けましょう。

その組んだ両手を横や後ろにも伸ばします。

・首曲げ

顔を真っ直ぐ前に向けます。そのまま頭をゆっくりと横に倒します。

手で抱えるように首曲げを行うと、曲げやすいです。

無理に曲げずに、気持ちいいと感じるところで止めてください。

・いただきますポーズ

『いただきます』の形をとります。

顔の前に合わせた両手を持ってきて、肘はなるべく水平にします。

そのまま頭の上に持っていき、手を離したらゆっくり外側に手を広げながらおろします。

・肩甲骨はがし

両肘を曲げて、肩より上にあげながら固まった凝りをはがすように前後に回します。

細かい動きをゆっくり行ってください。

お風呂で肩凝り対策

お風呂にはゆっくり肩まで浸かりましょう。

血流をよくすることで、肩凝りが解消しやすくなります。

また、38度~40度のお湯のシャワーを首の後ろにあてて、1分ほど温めます。

水圧が心地よいマッサージになります。

飲み物で肩凝り対策

血流をよくしたり、ストレスを緩和したりする飲み物としてよくあげられているのが、紅茶です。

温かい紅茶を飲むことで、冷え性対策にも繋がります。

様々な種類の紅茶がありますが、

・ローズマリー

・タイム

・カモミール

・ハイビスカス

・ラベンダー

などがより効果的と言われています。

↓ランキング応援よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする